ジグサビキって面白いの?

ジグサビキって何?

最近よくやるジグサビキ。簡単に言うとコマセを使わないサビキ釣り。通常のサビキ仕掛けはサビキ針が6本以上のものが多いですが、ジグサビキはサビキ針が2〜3本のものが多いです。

サビキ針の先にコマセカゴではなくメタルジグを装着。ちょい投げしてメタルジグを上下させ魚を寄せサビキ針で食わす。

小アジや小サバなどの比較的小型の回遊魚から大サバ、ツバス、ハマチ、サゴシ、シオなどの中型の回遊魚なんかを波止から簡単に狙うことの出来る釣りです。

私の場合、真夏はトップでキビレを狙う事が多いのですが、波が出てトップの釣りが成立しにくい日は早々とトップを諦めジグサビキにチェンジ。

トップチニングとジグサビキは釣る場所が違うので即移動します。いつも短時間釣行なので迷ってる時間はありません。

で、ジグサビキって面白いの?

対象魚が回遊してきてるのが前提の釣りで、回遊が無ければ何時間粘っても釣れません。逆に大きな群れの回遊があれば仕掛けを投入するだけで釣れます。

だから回遊があれば面白いし、回遊が無ければ全く面白くない釣りと言えるのではないでしょうか?回遊の情報があれば行ってみる価値はあると思います。

道具はどんなのが必要?

ジグサビキが投げれるロッドとリール。ロッドは回遊してくる魚によって変わりますが、2.4m以上のロッドで2000番以上のスピニングリールがあれば大丈夫ではないでしょうか?

ジグサビキの仕掛けは市販されてますし、通常のサビキ仕掛けで自作も出来ます。そんなに高価なものではないので1セット持ってると重宝します。

リールに巻くラインは普段使ってるものでいいと思いますが、思わぬ大物や付いてる針全てに魚が掛かれば小サバでもかなり引きます。サゴシやハマチが掛かればネットが必要かもしれません。

私の場合、自転車やバイクで釣りに行くので荷物は少なめです。ロッド、リール、ジグサビキの仕掛け、水汲みバケツ、メゴチバサミ、針外し、保冷剤、保冷バッグ、ジップロックに飲み物くらいです。

長時間の予定で行くならクーラーボックスや氷は必需品です。私の場合、自分の食べれる分が釣れたらすぐ帰るので荷物は少なめです。

釣り道具以外に身を守るものや暑さ・寒さを凌ぐ物も必要です。ご自身の判断で用意して下さいませ。

8月のジグサビキの釣果!

風や波の具合でトップチニングが不発になりがちになった8月中旬、ボウズが続くのが嫌いなのでちょこちょこ行くようになったジグサビキの釣り。

毎回釣れる訳でも無く、写真を撮って無い日もありますが釣果を上げてみたいと思います。

8月12日〜8月29日に計6回で小アジ6匹、小サバ27匹でした。

なめろう、〆鯖、塩焼き以外に唐揚げや南蛮漬けにもしました。青物の生食は注意が必要です。自己責任でお願いします。

大体15分〜40分くらいでの釣果ですが、釣れる時は入れ食いになりますし、15分やって釣れなければ即帰ります。

いつもトップチニング不発からのジグサビキですが、たまにはジグサビキだけの釣りもアリかな?と最近思っています。

ホームを離れ、もっと回遊の多い釣り場で長めのロッドでフルキャストして中型青物を狙う。そんな釣りも楽しそうなんでやってみたいです。

あと少しでトップチニングは終了の予定。シーバスも狙いたいですが、その前に青物狙いやハゼ釣りに行けたらと思っています。

私は性格的に同じ釣りを続けるのが苦手です。殆ど遠征もせず近所でばかり釣りをしていますが、近所には釣り場が結構あるので飽きたら場所を変えて楽しんでいます。

9月はトップでキビレ、ジギングやジグサビキで青物、ルアーでシーバス、虫餌や貝でハゼ釣りと何を狙うか迷う季節です。

ルアーでの大物狙いは勿論楽しいですが、餌やジグサビキでの小物狙いもまた違った楽しさがあります。

釣って楽しい魚、食べて美味しい魚と秋は釣り人にとってとても良い季節です。私も存分に楽しみたいと思います。

それではまた!