今回もトップチニング!8月に入り調子は上向き⁉

2018年8月3日のトップチニング釣行記

真夏はトップチニングばかりですが、私は近所にあるサーフの何れかでいつも釣りを楽しんでいます。

今回も前回と同じ釣行回数の最も多いホームBに行ってきました。(ホームBってどこ?笑)

夏の早朝は比較的南寄りの風になる事が多く、軽いルアーを使うので背後から風を受けたいのでホームBを選択。

前回は寝坊で遅刻したので今回は早めに釣り場到着。4時50分に釣り開始。ルアーはサミー65。イナッコの群れを避けてフルキャストしてスタート。

波打ち際から7〜8mまでデッドスローにドッグウォークさせてくると「ジュボッ!」と捕食音を伴うバイト。

派手な出方でしたが、ファーストバイトは不発。ルアーは水面に浮かんだままです。続けてドッグウォークすると追い食い。連続ミスバイト。

少し迷ってステイ。一瞬の静寂の後「ジュボッ!」

引ったくるようなバイトですぐにラインが走ります。すかさずロッドを立てスィープにフッキングするとヒットしました。

なんと1投目から3連続バイトでヒット。ファーストヒットまで1時間55分掛かった前日とは大違いです。

バイトが多い割になかなかヒットに持ち込めないトップチニングにしてはめずらしいですが、私は1投目が1番チャンスがあると常々思っています。

まだ眠気眼でしたが、いっぺんに目が覚めました。いつもより緩めに設定したドラグが鳴り始めます。

サイズはソコソコありそうです。この時期トップで釣れるキビレはほぼ大型です。ごく稀に小さいのが混じりますが、ほぼ大型しか釣れないのがこの釣りの魅力です。

日ムラはありますが、やはり8月に入って産卵を意識した個体が増え始めているのかもしれません。

最初の突っ込みはいつも通り強烈で、MLのバスロッドがギュイーンと曲がります。

かなり手前でヒットしたので勝負は早いです。無理せずリーリングしてずり上げランディング。ガッツリとルアーを咥えています。

あまり良くない掛かり方です。ルアーの半分が口の中。フックが口の中に掛かってしまうと、殆どの場合フックが折れたり曲がったりします。

計測するとジャスト40cmとマズマズです。すぐにフックを外しにかかりますが、フロントフックは口の中に、リアフックは口の外側にしっかり掛かっています。

リアフックはすぐはずれ無傷でしたが、やはりフロントフックが1本曲がっていました。やむなくルアーチェンジ。

このサミー65は1投で御役御免となりました。という事でサミー65第二弾はこのカラー。ナチュラルカラーばかり使ってきたのでちょっとした冒険です。

結構な回数を投げましたが魚からのコンタクトは無し。そこでルアーチェンジ。過去に実績のあるルアーをチョイス。

ルアーチェンジして1投目に沖でバイト。サミー65より飛距離が出るのでかなり沖です。捕食音は伴いません。するとラインに微かな抵抗が…。

違和感くらいの感じでしたがとりあえずロッドを立ててリーリング。何か小さいのが掛かってるようです。

殆ど抵抗はしません。違和感の正体は25cmのキビレでした。背ビレにリアフックが掛かっていますが、ちゃんとトップに出た魚です。

この時点で釣り開始30分。2回あったチャンスを2回ともモノに出来ました。

その直後のキャストでまたバイト。フックに掛からないので続けてドッグウォーク。するとまたバイト。

どちらも捕食音は無し。連続のミスバイト。小さいキビレの活性が高いのかもしれません。

いよいよチャンスタイム到来か?と思いましたが、その後は沈黙が続きます。続けてルアーチェンジ。でも2枚目を釣ってから25分間バイトはありません。

風も弱く波も立たない状況が続いて雰囲気は抜群ですが、バイトはありません。

気分転換に休憩して大きく場所移動

気付けば既に釣り開始55分。水分補給して大きく場所移動。サミー65第三弾にルアーチェンジして1投目。デッドスローのドッグウォークで久々の捕食音を伴うバイト。

でもルアーは水面。ミスバイトです。その後どうするか?予め考えておくと慌てずに済みます。

ドッグウォークしててミスバイトなら、その後の選択肢は3つくらいでしょうか?ステイするかシェイクを入れるかドッグウォークを続けるか…。

今回はステイを選択。ステイは見切られる事もありますが、捕食スイッチが入っていたらルアーが動いてないのでヒットしやすい印象です。

そのステイでルアーを引ったくるバイト。すぐにドラグが鳴り出します。慌てずスィープにフッキング。ヒットしました!

ここまでバイトはそれほど多くありませんが、ヒットには持ち込めています。これは私のウデがどうのこうのではありません。

ルアーやフックの力もありますが、それよりも捕食スイッチの入った個体がバイトしてきてるんだと思われます。

いきなりからガンガン突っ込まれラインが出されます。元気な個体が食ってきたようです。主導権はアチラ。コチラは応戦一方です。

キビレはあまりスタミナが無いので慌てる事はありません。ひとしきり潜らせたら膠着状態に入ります。

引きが弱くなったタイミングでリーリング開始。ここから主導権はコチラ。魚の動きに合わせてロッドワーク。すぐに足元まで寄ってきます。

ずり上げランディングに無理は禁物。ネットを使うより簡単ですが、砂浜を滑らすようにソフトにずり上げないとフックが外れる事があります。

トップチニングにネットを使った事は無く、これまでランディングは全てずり上げ。サーフの釣りにネットは持って行きません。コレって正解なんですかね?

元気の良い魚でしたがサイズは39cmと思った程ではありませんでした。ずり上げてすぐフックが外れてしまいました。危ない危ない…。

ここで前半終了。本来ならこれで帰ります。もう十分満足出来たので…。

ただ、今回はダメ元で4枚目に挑戦してみたくなりました。理由は早朝2時間のトップチニングで3枚までしか釣った事がないから。

2枚も釣れたら十分満足してしまうので、今まで4枚釣るとかあまり考えなかったのですが、1時間で3枚釣れたので欲が出ました。

そして後半戦に突入

3枚目を釣ってから約30分ノーバイト。チェイスが2回。今日はもうおしまいかな?と思ったりもしましたが、まだキャストしてない範囲をササッとチェック。

するとかなり手前で「ジュボッ!」という豪快な捕食音を伴うバイト。でもまたミスバイト。迷わずステイするも無視されます。

まだバイトがあるので粘る事にしました。そして釣り開始1時間45分、釣り始めた場所に戻りながらチマチマドッグウォークで探っていると「ジュボッ!」と激しいバイト。

またもミスバイト。懲りずにステイしていると「モワッ」と水面に背ビレを出してルアーを引ったくっていきます。

すると「ジジジー」といきなりドラグが鳴り出します。ヒットしたと思ったんですがすぐにルアーがこちらに向かって飛んできました。どうやらスッポ抜け。

「やってもうた」

トップチニングはなかなかヒットしない分、ヒットしたらあまりバレないので油断してしまいました。

やはりスィープに合わせを入れるべきでした。いきなりドラグが鳴り出したんで大丈夫と思ったのがいけなかったようです。

その後はバイトも無く時間切れ。4枚目は幻となってしまいました。機会があればまた4枚目を狙ってみたいと思います。

後半は欲にかられて釣りを続けたのが良くなかったのかもしれません。

久々に複数枚の釣果となりましたが、特に変わった事をした訳ではありません。魚の活性が高かったのが一番の要因でしょう。

一昨年の8月14日に始めたトップチニングですが、この時期はまだ昨シーズンのデータしかありません。

その昨シーズンのデータを見ても8月はまだ釣果が無く、台風の接近があったりでお盆までに2枚しか釣ってなかったようです。

今回の釣果を見る限り、トップチニングはもうハイシーズン突入なのかもしれません。

昨シーズンは不完全燃焼だったトップチニング。今シーズンは是非とも完全燃焼したいものです。

それではまた!