トップチニング連続釣行2日目!前回のリベンジなるか?

まずは前回留守番してたルアーにフックをセットしました!

前回のトップチニングは12バイトでノーフィッシュ。とても悔しい釣りになってしまいましたが、ヤラレっぱなしでいるつもりはありません。

多くのルアーマンには得意ルアーやお気に入りルアーがあると思います。トップチニングでの私のお気に入りルアーはサミー65です。

サミー65はラッキークラフトのバス用トップウォータープラグです。故にフックはソルト仕様ではありません。

海水や汽水域で使うとすぐにフックが錆びてしまいますが、フックポイントが鈍るまでは普通に使えます。ですが、今回は最初からソルト用に交換したいと思います。

近所の釣具屋さんで購入してきたのはコレ。

パッケージは中古品ですが中身は未使用ルアーでした。そしてフックは有名メーカーのナノスムースコート。メッチャ刺さりのいいフックです。

サミー65は私のお気に入りルアーですが、お気に入りルアーは人それぞれ。ここで重要なのはフックです。

刺さりの悪いフックよりは刺さりの良いフックの方がいいのは言うまでもありませんが、今回はフックのシャンクにスポットを当ててみたいと思います。

ロングシャンク。トレブルフックの中心の軸の部分が長いヤツを私は使っています。全てのルアーとはいきませんが…。これだけで釣果がかなり良くなりました。

フックを装着するとこんな感じです。

メーカーは特に気にしていません。たまたま釣具屋さんで勧められた物を買っただけ。2フック仕様のルアーなら前後のフックが干渉しない事が前提です。

私はあまりやりませんが、フックのサイズやスプリットリングのサイズを大きくする方法もあります。その際はルアー全体のウェイトバランスに気を付ける必要がありますが…。

ウェイトバランスが崩れるとルアー本来の動きが出ない事があります。そこは注意して下さい。

トップチニングではルアーをロストする事は少ないと思いますが、フックを折られたり曲げられたりする事は結構多いと思います。

ロストが少ないからルアーにお金が掛からないのでフックにお金を掛けてみるのもアリかもしれませんね。

話は少しそれますが、トレブルフックが3つ付いてるルアーを使ってみる手もあります。これでミスバイトがかなり減らせます。

まあこれはお気に入りルアーに手を加える訳ではないので番外編という事で…。

簡単ですが、トップチニングでバイトはあるのにヒットに持ち込めない時の対処法を少し解説してみました。

ド素人の私がやってる事なのでもっと良い方法があるかもしれませんが、バイトがあるのにヒットしない時は是非お試し下さい。結構効果がありますので…。

そしていよいよリベンジ釣行!

2018年7月25日、フック交換したサミー65を持って近所のサーフに行ってきました。今回もトップチニングオンリー。バスロッドでの出撃です。

暑いと思って家を出ると風が心地良いというか少し涼しいくらいです。暑くても釣りには行くのですが、やはり暑いよりは涼しい方がいいですね。

ちょっと涼しいだけでテンションが上がるくらい今年の夏は暑さが厳しいという事でしょう。

今回の目標は暑くなる前に釣って帰る事。数もサイズも気にしません。とにかくトップで釣って帰る。それだけです。

日に日に日の出は遅くなってます

釣り場到着は朝の4時半過ぎ。まだ薄暗い時間帯。そろそろ出発時間を遅らせないと…。ゆっくりと釣りの準備をしてポイントへ向かいます。

砂浜を歩いていると立ち入り禁止のはずのバイクが2台。走り回るかと思いきやライトが消えました。

ちょうど私がエントリーしようとしてる辺りにその若者が座っています。釣り道具は持ってないようなので一安心。

すると「おはようございます」と声を掛けられます。チラッと見ると笑顔です。親父狩りでは無いようです。

ヤンチャな感じではありますが意外と礼儀正しいので挨拶を返します。少し話をして「お兄ちゃん達が見てる間には釣れないと思うけど…」と言って釣り開始。

釣りの上手な人に至近距離で見られるのはあまり歓迎しませんが、釣りをやらない人に見られるのは全然平気です。

ルアーは勿論サミー65。フックを交換したばかりなので触れたら即掛かるはず。多分…。

リベンジは突然に…

まずは水際から少し離れた位置からキャスト開始。多少風はあるものの背後からなので殆ど波は立っていません。

トップチニングにはかなりいい感じです。左側に先程の若者二人が座っているので正面と右側を探りますが反応無し。

次に左側を攻めてみます。ちょうど若者二人が座ってる正面辺り。キャスト後、デッドスローにドッグウォークを始めてすぐに「ジュボッ!」

「マジか?」

出ました!釣り開始10分も経っていません。フックに触れさえすれば掛かります。さあどうなるか?

するとスーッとラインが持っていかれます。ここで漸くスィープに合わせます。ナイロンラインを使用してるのですぐにロッドに重みは伝わりません。

PEラインの釣りはダイレクトにアタリが出て面白いですが、ナイロンラインは伸びるので「ガツン」というアタリは出にくいですがバレにくかったりします。

軽いルアーを使う釣りでもライントラブルが少ないので、私のトップチニングはナイロンラインのバスタックル。2年前からずっとこのスタイルです。

上手くフッキング出来たようで「グググッ」とロッドに重みが乗ってきました。さあファイト開始です。

前日のトップチニングでは12回のチャンスをモノに出来ませんでしたが、今回はファーストバイトでヒット。ルアーとフックの威力恐るべし!といった所でしょうか?

鯛の仲間特有の竿先を叩くような引き。何日振りでしょう?存分に魚とのやり取りを楽しみいよいよランディング。

レギュラーサイズですが十分満足のキビレ。ギャラリーが集まってきて計測してる画像を撮り忘れましたが37cmでした。

コイツを釣りたくて暑い中早起きして釣りに来てる訳で、この嬉しさは言葉では言い表せません。

少し大袈裟ですが、久し振りにトップで釣るとこんな感じなんですよね。わかる人にはよくわかってもらえると思います。

暑くなる前に釣れたので、すぐに帰っても良かったのですが、釣り開始10分で帰るのはあまりにも勿体無いので続けて次を狙います。

釣り開始20分、ルアーを背後から追いかけて来ています。背ビレを水面から出し少しずつルアーに近づいてきて食うか?と思ったら反転。チェイスのみでした。

私の印象ですが、水面に背ビレを出してチェイスしてくる魚はハラハラさせられるものの中々「ジュボッ!」とは出てくれません。そんな事ないですかね?

出てもミスバイトになる事が多いので、私はチェイスにあまり期待しません。それよりも突然「ジュボッ!」と出るのが好きです。油断してるとビックリしてしまうような豪快な捕食音を伴うヤツ。

その後もチェイスはあるものの見切られて反転。結局釣り開始30分でチェイスも無くなってしまいました。

どうするべきか…?

まだ暑くなかったので小一時間移動とルアーチェンジを繰り返してドッグウォークで探ってみましたが反応無し。タイムリミット30分前でしたが暑くなってきたので終了としました。

前回の12バイトノーフィッシュと今回の1バイト1フィッシュ。どちらが「釣り」として楽しいのでしょうか?

釣りは釣れてナンボかもしれませんが、出会い頭のマグレで釣れる事もあればバイト連発して釣れない事もあります。

私は前回の12バイトノーフィッシュも今回の1バイト1フィッシュもとても楽しかったです。楽しさのベクトルは若干違うかもしれませんが、魚相手に真剣勝負した事に変わりはありません。

釣りの楽しみ方は人それぞれ。釣れるに越したことはありませんが、私は釣りに行くだけで毎回ワクワクしています。そんな人、多いんじゃないでしょうか?

毎日暑いですが、早朝の釣りは一日の中で最も気温の低い時間なので結構快適です。早く釣らないとすぐに暑くなってしまいますが…。

この季節は特に体調管理が大事です。暴飲暴食は避け、早寝早起きしてまた釣りに行こうと思います。釣りは行ける時に行っとかないと…。

それではまた!