暑いし釣れないけど、また釣りに行ってきました!

暑い暑いと言ってても涼しくはならないので…

とりあえず釣りに行ってきました。夏は暑いのが当たり前。長い間そう思っていましたが、今年の夏は当たり前の暑さじゃない様子。

「殺人猛暑」なんて呼び方をするメディアもあるようで、熱中症経験者の私はちょっとビビっています。

釣果は芳しくありませんが、敢えて釣行記を書いてみました。次の釣果に繋げる為に…。

書く程の事もないのですが…

2018年7月19日、早朝より近所のサーフへ出撃。まだ薄暗い時間なのでメタルバイブでシーバス狙いです。

表向きはシーバス狙いですが、正直釣れたら何でもいいと思っての釣行。7月に入りここまでシーバスは0ですから…。

普段あまり使わないメガバスのメタルエッジ。堤防ではあまり出番のなかったルアーですが、シャローの釣りには向いてそうです。

飛距離はよく出るしリールの巻き抵抗も軽め。長時間釣りをするのならいいルアーじゃないでしょうか?

釣り開始約10分、ルアー着水後ボトムをとらず早めにリールを巻き始めるとすぐに「ググッ!」ときました。

「コレは幸先いいぞ!」と思いましたが何だか様子が違います。5秒程引っ張り合いになりましたが、そこからドラグが鳴り続きます。

「あれ?」ひょっとして掛けちゃアカン奴かも?

ジャンプも無ければ竿先を叩くような突っ込みもありません。ただ重いだけ。

10m程走られましたがそこから膠着状態に入ります。リールを少し巻いたら少しラインを出されます。

「この引きはエイではないけど…」嫌な思い出が蘇ります。今春に60cm超えのボラをスレ掛かりさせた事がありました。

リールを巻いても巻いてもラインを出されて腕がパンパンになりました。まあエイよりは全然マシなんですが…。

今回のはそこまで大きくない感じです。朝一のウォーミングアップにはちょうどいいでしょう。

5分近くやりとりして漸くランディング。やはりボラのスレ掛かりでした。手尺で45cm位。スレだとよく引きます。

そこから20分、メタルエッジを投げ続けましたが反応無し。水中はそこで終了。次は水面でチヌ・キビレ狙いです。

多少の風があり水面は少し波立っています。トップチニングでは曇天で無風が釣りやすいのですが、なかなかそういう状況にはなってくれません。

それでも40分程ペンシルベイトで探り続けましたが帰り際に「ジュボッ!」と1バイトあっただけで終了。暑さに負けて1時間ちょっとで撤収しました。

ウォーミングアップと思っていたボラ一匹で終了となりましたが、この暑さに抗うのもどうかと思っての撤収です。

折角釣りに来たんだから本命が釣れるまで粘るのもいいですが、暑すぎて「コリャあかんわ」と思ったら帰る選択をする事も大切です。

今後も事故の無い釣りを心掛けたいと思います。

それにしても暑いので、しばらく釣りを自粛しましたが…

我慢出来ずに7月24日、早朝よりホームグラウンドのサーフにトップチニングに行ってきました。

今回はバスタックルでの出撃です。トップしかやらないならバスタックルは軽くてオススメです。ルアーもトップのみ。

家を出る時から「モワッ」と生暖かい風を感じましたが、暑くなったら帰るつもりでの釣行。

ソルトルアーフィッシングを初めてもうすぐ丸2年ですが、今まで暑いから釣りに行くのを躊躇した記憶は無かったように思います。

それくらい今年の夏は猛暑のようです。連日各地で最高気温の記録更新ラッシュ。

寝る時のエアコンが苦手な私ですが、今年は毎晩お世話になっています。おかげで喉の調子があまり良くありません。

今月シーバスは釣れてませんが、そろそろトップチニングに絞って釣りをしてみようかな?と考えてる所です。

状況はどうなの?

豪雨の影響でゴミだらけだったホームグラウンドのサーフですが、水面にゴミは無くなっていました。

いつも通りベイトの群れがあちこちに…。微風で鏡面仕上げとはいかないものの、トップチニングにはまずまずの状況。曇天なら言う事無しといった所です。

今回はお気に入りのサミー65は持ってきていません。先日ロストしたので補充はしましたが、フックの交換をしてなかったので家でお留守番。

サミーとシルエットそっくりのルアーを含め実績のあるルアーを一通り揃えました。今回のラインナップはこんな感じです。

相変わらず持って行くルアーは少なめ。トップではあまりルアーチェンジしないので…。

まだ朝日が顔を出す前はホントに気持ち良く釣りが出来ます。思わず空の写真を撮ってしまいました。

気持ち良く釣りが出来るからといって釣果が良いとは限りません。釣り開始30分でノーバイト。

使用ルアーはコレ。

時折風も止んで波も無くなりいい感じに見えたのですが、時合じゃないのか?魚の居ない所にルアーを投げているのか?トップに反応はありません。

突然チャンスタイム到来⁉

反応が無いので休憩&水分補給。まだ暑くはないのですが早めの水分補給。釣りに夢中になると水分補給を忘れてしまう事もあるので…。

気分転換に場所も50m程移動して釣り再開。しばらくすると私の目の前の水面が鏡面仕上げになっていきます。これは願ってもないチャンスです。

釣り開始40分、デッドスローのドッグウォークで探っていると遂に「ジュボッ!」と派手なファーストバイト。

でもルアーは水面に浮かんだまま。一瞬ステイさせるも次のアタックは無し。続けてドッグウォークすると「ジュボッ!」

でもフックには掛かりません。さらにドッグウォークすると「ジュボッ!」と出ましたがラインは走らず。

「どんだけ食うの下手やねん?」(笑)

それでも諦めずドッグウォークを続けていると4回目のアタック。微かに魚体がフックに触れましたがヒットせず…。

「歯痒い〜」

チヌ・キビレが普段どのくらいの頻度で小魚を捕食してるかわかりませんが、釣ったキビレを捌いてみても胃袋の中は貝類ばかり。

私が捌いた数などたかが知れていますが、普段は動かないイガイやフジツボなんかを食べているはず。だから捕食が下手なのか?それともシーバスにくらべて口が小さいからか?

理由は定かではありませんが、とにかくトップチニングではミスバイトが多発します。今回は1キャストで4ミスバイト。

一発でヒットする事もあるのですが、トップチニングは暑さとミスバイトとの戦いと言ってもいいと思います。(私だけ?)

さすがに1キャストで4連続ミスバイトは気持ちが萎えますが、こればかりはどうにもなりません。続いて同じ所にルアーをキャスト。

一匹で追ってきてたのか?それとも複数なのか?正直よくわかりませんが、もし複数で追ってきてたのなら可能性はあるかも?

先程と同じコースを同じスピードでドッグウォーク。出るか?出るか?と思って見ていると「ジュボッ!」と出ました。が、またミスバイト。

今度はステイさせずに続けてドッグウォーク。背ビレを出しながらのチェイス。そしてそのままルアーにアタック。

「よっしゃ!」と思いきやまたまたミスバイト。半分諦め気分でドッグウォークを続けると「ジュボッ!」と出るもラインは走らず…。

2キャストで7回。こんな派手な出方でヒットに持ち込めないのは「下手」の一言に尽きますが、エキサイティングで非常に面白い釣りであることは間違いありません。

その後同じ所にもう1回キャストしてみましたが、さすがにバイトは無くキャスト方向を変更。しばらく場所を休ませます。

ここでルアーチェンジ。

立ち位置を変えずキャスト方向をあちこち変えてキャストしていると、また「ジュボッ!」でもフックには掛からず…。

8回目のアタックもミスバイト。これは完全にハマってしまいました。バイトパラダイスでノーヒット。過去に何度か経験しましたが、こんな日がちょこちょこあります。

その後先程ミスバイトを連発した所で「ジュボッ!」と1回出ましたが、フックには掛からず…。前半は9ミスバイトで終了。

ここまでが恐らく時合というかチャンスタイムだったんだろうと思います。チャンスタイムをモノに出来なかったので仕方なく休憩。

サーフの西端から釣り始めて東へ300m位で折り返し、釣り始めた西端に到着する頃にタイムリミット。ホームのサーフでは大体こんな感じで釣りをしています。

タイムリミットまでにチャンスは訪れるのか?半分諦めながらキャスト&ドッグウォークを続けましたが、小一時間ノーバイト。

釣り開始1時間半くらいで漸く「パシャ!」という頼りないバイト。大型のチヌ・キビレではないようですが、正体はわかりません。

以前トップでボラを釣った事があるのですが、小さいキビレやセイゴのバイトとよく似てたので何とも言えません。

陽も昇り暑くなってきました。タイムリミット前でしたがそろそろ帰ろうかと思っていたら急に目の前が鏡面仕上げに…。

最後のチャンスです。釣り始めたサーフの西端でキャスト再開。すると背ビレを出しながらのチェイス。

途中で見切られましたが、いいサイズに見えたのでタイムリミットまで粘る事にしました。

最後の約30分で2回「ジュボッ!」と出てくれましたが、1回目のバイトは完全なミスバイト。2回目のバイトは一瞬フックに掛かりましたが、ロッドに重みが伝わる前にフックオフ。

猛暑の中約2時間、結構ガッツリ釣りをしましたが結果は12バイトでフックに触れたのが2回。ノーフィッシュで終了となりました。

素人の釣りなのでノーフィッシュはちょこちょこありますが、今回は少し悔しい釣りになってしまいました。今回留守番させたサミー&フックで次回リベンジしたいと思います。

トップには出るけどフックに掛からない。トップチニングではよくある事です。今回の釣行ではトップで釣れませんでしたが敢えてブログに書きました。

理由は「バイト多発でノーヒット」、そんな経験をしてる方が他にもいるかもしれないと思ったからです。そしてその対処法を次回の記事に書いてみたいと思います。

私なりの考えなのでこれをやったら絶対釣れる訳ではありませんが、ヒット率がかなり上がったので参考にはなるかな?と思っています。

7月下旬になりトップチニングはこれからが本番。まだまだ暑い日が続きます。釣りに行かれる際は熱中症に十分お気を付け下さい。

19日はさっぱりでしたが、24日はノーフィッシュでもトップへの反応は上々でそれなりに楽しめた釣行でした。これからのトップチニングがとても楽しみです。

それではまた!