水面炸裂!シーバス不発からのトップチニングでキビレ連発!

まずはトップからスタート!

絶不調街道爆進中だった6月前半。後半に入り徐々に魚と遭遇する機会も増えてきました。

気が付けば6月も最終日。雨も上がったので早朝から近所のサーフに行ってきました。

狙いはシーバスにキビレ。風の情況を見ながらどちらをメインに狙うか変えていく予定。

釣り場到着時は微風で南東寄りの風。水面はハクと思われるベイトでワサワサ。

鏡面仕上げとはいきませんがさざ波程度。それならとトップでキビレを狙ってみる事にしました。

いつものサミー65で釣り始めましたが、すぐに南西の風に変わり水面に波が立ち始めます。それでも10分程トップで様子を見ましたが反応無し。

ここからはシーバス狙い。

「コレは違うな」と思いシーバス狙いに変更。小型のメタルバイブにルアーチェンジしフルキャスト。

徐々に移動しながら広範囲を探ってみますが反応無し。遠くに釣り人さんが二名。何を狙ってるんでしょう?

釣り開始約30分、パラパラと雨が降ってきました。雲の様子を見ると通り雨っぽい感じ。一時東屋に避難します。

朝の4時半から釣りに来て雨だとテンションが下がりそうですが、恵みの雨になるかも知れません。水分補給しながら気長に待ちます。

10分程で雨は上がり釣り再開。しばらくメタルバイブで様子を見ますが反応無し。すると突然水面が鏡面仕上げに変わりました。

ここから再度トップの釣り。結果はいかに…。

そうです。急に風が止んだんです。この状況ならトップです。ルアーをサミー65に戻しドッグウォークを開始。

フルキャストしてもさほど飛びませんが、出来るだけ広範囲を探りたいのでフルキャストしてスローのドッグウォーク。

反応が無いのでドッグウォークをスローからデッドスローに変えた途端「ジュボッ!」と水面炸裂。でもラインは走りません。

ミスバイトです。3秒程ステイさせましたが追い食いはありません。続けてデッドスローにドッグウォークを再開すると「ジュボッ!」

出ました。時間差の追い食いです。するとすぐに竿先に重み。スィープに合わせるとヒットしました。

開始1時間で漸く初ヒット。コイツはバラせません。緩めに調整したドラグが鳴り出します。いい感じです。

慎重にやり取りして砂浜にずり上げます。くちびるにリアフック1本。結構ヤバかったみたいです。

計測すると34cmのキビレ。思った程サイズは出ませんでした。でもトップで出せたんだからOKです。

続けてもう1枚追加したい所。

キビレを1枚釣り上げた直後の1投目。水面はまだ鏡面仕上げのまま。今度は始めからデッドスローにドッグウォーク。

するとルアーの後ろに波紋が…。どうもチェイスしてきてるようです。はやる気持ちを抑えて平然を装います。

でも思わず心の声が漏れてしまいます。「食え、食え、早よ食え…」

すると「ジュポンッ!」と水面を割るバイト。今度は一発でルアーを引ったくっていきます。

合わせを入れる必要も無い感じですが、念押しでゆっくりスィープに合わせます。何と2投連続のヒットです。

1時間ノーバイトだったのが嘘のようです。メタルバイブでは全く反応が無かったのに…。

引きの感じからそんなに大きくはありませんが、最初の突っ込みは一人前。ユルユルのドラグを鳴らしてくれます。

1枚目より若干パワーがありません。途中ゴミの塊に巻かれて苦戦しましたが、手でゴミをかき分けて砂浜にずり上げ。

32cmと僅かにサイズダウン。今シーズンはここまでサイズが出てない印象ですが、徐々にサイズが上がる事を期待したいと思います。

トップに切り替えるまでボウズを覚悟してましたが、2投連続でキャッチ出来るなんて…。釣りってホントに不思議ですね。

さあ3枚目を狙おう!と思ったら急に風が出てきました。足元から7〜8mまでは鏡面仕上げですが、その先は波立ってきました。

それでもしばらくトップで探り続けましたが反応はありません。そろそろかな?

ここでトップを諦めメタルバイブにルアーチェンジ。状況を把握して攻め方を変える。闇雲にルアーチェンジしてる訳ではなかったりします。

今度は中層狙い。何がくるかな?

本命はシーバスですが、チヌやキビレが高確率で混じります。堤防ではそんな事も無いんですが、サーフではどちらも釣れます。どうしてなんでしょう?(たまたま私だけ?)

釣り開始1時間半、漸くメタルバイブに「ググッ!」ときました。ゴリ巻き出来るサイズ。と思ったら生命感が無い。もしや?

やっぱりか…。ホンとに紛らわしい。それなりに重みがあるから一瞬ぬか喜びさせられる…。

今回はメタルバイブが調子悪いみたいです。それでも同じメタルバイブを投げ続けるのはどうなんでしょう?

堤防でシーバスを狙う時は結構頻繁にルアーチェンジするんですが、サーフだと何故かルアーチェンジが少なくなってます。

まあ実績のあるルアーを使い続けてるだけで、深い意味はありませんが…。

さてさて、釣り終了時間が近づいてきた頃、小型メタルバイブをフルキャストし着底するかしないかで巻き始めると「ガツンッ!」ときました。

この日一番の引きです。しっかり合わせを入れましたがリールは巻けません。ジリジリとドラグが鳴り出します。

待ち望んだ引っ張りっこが出来そうです。10秒程引っ張りっこをしましたがジャンプもエラ洗いも無し。

あれ?チヌ?キビレ?でも結構いいサイズです。ロッドを立て少しずつラインを巻き取ると「フッ!」とテンションが抜けてしまいました。

「またやってもーた」

かなり沖でのヒットだったので長く引っ張りっこを楽しめると期待しましたが、こんな時に限ってバラしてしまいました。

この時点で釣りをする気力が無くなりました。帰る準備をしていると、大事にしているサミーが見当たりません。

必死になって探す事10分、何とか見つける事が出来ました。ふぅ。

早朝の2時間、結構歩き回ったので程良く疲れました。そして楽しめました。

暗いうちから出掛けて陽が高くなる前に撤収。夕マズメもいいけど、朝マズメもまたいいもんです。

チャンスがあれば是非朝マズメや夕マズメの釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この季節でも爽やかで気持ちいいですし、幻想的な景色に出会えるかもしれませんよ。

それではまた!