自己最○記録更新⁉最近は夕マズメ釣行がお気に入り。

朝マズメもいいけど夕マズメもね!

という訳で、最近マイブームの夕マズメ釣行です。夕マズメに暗くなるまで釣りをすると帰りがなんだか物悲しい…。

そんな理由で昨シーズン後半から夕マズメの釣りは敬遠気味でしたが、暗くなる前に帰れば全然物悲しくない事に気付き、期間限定ではありますがチャンスがあれば夕マズメ釣行を企てています。

まずはトップチニングからスタート!

早朝や昼間に風が無くても夕方になると風が強くなる。何となく私が感じてる夏の印象ですが、6月下旬の若潮後の中潮満潮前に地元のサーフでシーバスロッド1本持って短時間釣行してきました。

昼間に比べ若干風が強くなってきたのでどうかな?と思いましたが、まずは波のない所でトップチニング。今回はシーバスロッドなのでトップチニングは最初の10分だけ。

いつものサミー65でスローにドッグウォーク。ルアーが近づくとハクと思われるベイトがワサワサします。今回もベイトはハクやマイクロベイト。ボトムにはハゼの稚魚なんかもいるみたいです。

ササッと波の無い範囲だけチェックしてみましたが、バイトは無くルアーチェンジ。ここからが本番です。小型のメタルバイブでシーバス狙い。

今回はシーバスメイン。濁りもあって雰囲気は良さげ…。

軽くて飛距離はあまり出ませんが、シャローで根掛かりの多いポイントなので軽いルアーの方がレンジ調整しやすいのでよく使うルアーです。

若干波はあるものの、風は後方からなので釣り辛くはありません。濁りも入り雰囲気は良さげ。釣り始めて20分、メタルバイブで中層をややゆっくりと引いていると微かな違和感。

葉っぱか草でも引っ掛けたか?と思いルアーを回収しようとリールを巻いていると、ルアーに白っぽい物がくっついています。よく見ると小さい魚です。

一瞬小アジ?と思ったのですが、よ〜く見ると狙ってる魚の超小型版ではありませんか?笑

やってしまいました!極小のシーバスです。しかもスレ掛かりではなくちゃんとルアーに食ってきたようです。小さいのにヤルなー!笑

「自己最小記録更新!」

何の自慢にもなりませんが、話のネタにはなりそうです。これまでのシーバスルアーゲームでの最小記録は18cm。今回はその18cmを大きく下回る11cm。トホホ…。

一応写真撮影と計測を済ませ海にお帰り頂きました。周りを見渡し誰にも見られていない事を確認し、何事も無かったように釣りを再開。

とりあえずボウズは逃れました。絶不調街道爆進中の6月なので、貴重な一匹になるかもしれません。笑

この一匹をキッカケに色んな物が掛かります!

ボウズは逃れたものの、このままでは帰れません。少しずつ移動しながらメタルバイブを広範囲に通します。

釣り開始30分、リールを早く巻いたりゆっくり巻いたりを繰り返していましたが、ちょうどゆっくりリールを巻いている時に「ゴン!」ときました。すかさず合わせを入れ更に巻き合わせ。

「ググッ!」とロッドに重みが乗った瞬間、エラ洗いからの立ち泳ぎ。サイズは大した事ありませんがやたらに元気なシーバスです。

何とか1回目のエラ洗いを躱しゴリ巻き。でもドラグは鳴りません。ドラグは鳴りませんがよく暴れる元気なシーバスです。

続いてジャンプ一発!その後すぐに潜って抵抗。「これぞシーバスルアーゲームの真骨頂やー!」という程ではありませんが、やたら元気なのでまだ次がありそうです。

ひと呼吸おいて更にエラ洗い。予想通りです。それで少しおとなしくなったので続けてゴリ巻き。かなり手前まで寄せてこれたので一安心。と思ったらそこからまた頑張ります。

今度は潜って抵抗。3度も「ググッ!」と手応えのある突っ込みを見せた後漸く浮いてきました。

最後に力の無いエラ洗いでおとなしくなりました。そのままずり上げランディング。本日2匹目?のシーバスです。笑

エラの赤い部分が少し飛び出してるように見えます。パッと見はどこにルアーが掛かってこうなったかわかりませんでしたが、フィッシュグリップで顎を掴んでみるとメタルバイブを丸飲みしています。

「もしかしてこれはアカンやつか??」

ルアーが小さかったせいか?それともルアーをゆっくり泳がせていたからか?いずれにせよ結構な丸飲み具合です。無傷でフックを外すのは難しいかもしれません。

とりあえず写真撮影して計測。48cmでした。ちょこちょこ暴れてる間にエラからルアーが飛び出したようです。

「これはラッキーかもしれない!」

すかさずルアーからスナップを外し、エラから出てきたルアーをプライヤーで外しにかかります。

よく見るとリアフックの1本がエラの根元付近に掛かっているだけ。これならダメージ少なくリリース出来るかもしれません。

素早くフックを外し蘇生開始。少し時間は掛かりましたが何とか蘇生できました。エラの根元だったので多少のダメージは残ったかもしれませんが、見る限り元気に泳いで帰ってくれたので一安心です。

次は何を掛けた?

続けてまだまだシーバスを狙います。足元のベイトが時々何かに追われてるようです。ココはチャンスかもしれません。

フルキャストで出来るだけ広範囲をメタルバイブで探っていると「グッ!」ときましたが動きません。地球です。俗に言う根掛かり。

他にも幾つかルアーは持ってきてますが、ロストしたくないルアーなので慎重に外しにかかりますが、ロッドを煽るだけでは外れません。

右に左に移動し角度を変えながらロッドを煽っても外れてくれません。仕方がないのでドラグを締めてゆっくり引っ張ると「フッ!」と軽くなりました。でもラインが切れた感じではありません。

ラインを回収しようとリールを巻いたら抵抗があります。何とか外れてくれたようです。フックのチェックだけして釣り再開。

次は何?

その後すぐにヒット!シーバスか?と思いきやすぐさまジャンプ!ボラのスレでジャンプと共にフックオフ。助かりました。それにしてもボラのジャンプは高さがありますね。ビックリしました。

まだあるの?

その直後、またヒット!立て続けです。「ホンマかいな?」でもあまり引きません。魚なのは間違いありませんが、とにかく引きが弱い。

エラ洗いも無いのでボラかキビレか?ゴリ巻きで寄せてくると小さいキビレでした。今シーズン初のメタルバイブでのキビレ。24cmでした。

コチラも写真撮影と計測をして即リリース。蘇生の必要も無く元気に帰って行ってくれました。

ここからしばらく沈黙。その後に…。

キビレをリリースした後少しだけ休憩。今の場所で続けるか?少し移動するか?それとも帰るか?

まだ釣り場に来て30分程なので、少し移動してから釣りを再開。でもここからしばらくバイトが無くなります。

いい時間帯はそう長くは続かないもんですね。気分転換に空の写真を撮ったり、大きく場所移動したり…。

釣り開始50分、フルキャスト後メタルバイブを早巻きしているとボラに触れたようです。小さくボラがジャンプしたすぐ後に「ググッ!」と明確なアタリ。

するといきなりエラ洗いで抵抗。元気はいいけど重みはあまり感じません。ゴリ巻きしてエラ洗いさせないようにロッドティップを水面近くに下げますが、お構い無しに2回目のエラ洗い。

何とか耐えましたが今にもフックが外れそうです。何とも言えないあの不安定感。

そして間髪入れず3回目のエラ洗い。「フワッ」とテンションが抜けてしまいました。「う〜ん、残念」

わかってはいてもどうにも出来ませんでした。エラ洗いはシーバスルアーゲームの醍醐味ではありますが、掛かり所によってはいとも簡単に外されます。

まあそれを躱して釣るのが楽しいんですけどね。長い沈黙の後のヒットだったので、何とか釣り上げたかったのですが仕方ありません。これが今の私の実力です。

気を取り直してそこから30分程頑張りましたが、ボラやベイトに触るだけでノーバイト。暗くなる前には帰りたかったので終了としました。

今月に入り何度か夕マズメに釣りをしましたが、朝マズメ同様釣り人の姿は少なく快適に釣りが出来ました。

苦戦続きの6月も残り僅かですが、青物の回遊も気にしながら、状況に合わせてシーバスとキビレを狙い分けれたらと思っています。

短時間でしたが今回も結構楽しめました。そして癒やされました。またスズキさんの顔は見れませんでしたが、海に行って良かったです。

釣りって「半端ない」くらい癒やしの効果がありますね。笑

それではまた!