トップチニングの季節が近づいてきました!そろそろ準備開始!

そろそろ準備しなければ!トップウォータープラグで狙うチヌ・キビレ。

さて、シーバスが釣れなくなってきて釣り人の姿も少なくなってきた我がホームの堤防ですが、今年は青物の回遊も少なく、ルアーを投げていても何の反応も無い日が続いています。

なので、少し早いですがそろそろトップチニングの準備をしようかな?と思っています。特別準備する物はそんなにありませんが、これから始めようとする方の為に少し考察してみたいと思います。

メインターゲットはキビレです!

キチヌ、キビレチヌなど呼び方は地域によって様々ですが、私の住む地域ではキビレと呼ばれる事が多いようなので、ここではキビレと記述します。チヌ(黒鯛)も時々混ざりますが、キビレがよく釣れます。

さて、そのキビレですが、既にトップで釣ってる方もいると思われます。季節なんか関係ないと言う方がいるかもしれません。

地域によって、ポイントによって違いがあるので「これが正解!」というのは無いのかもしれませんが、私の通うフィールドで昨シーズン調査した結果を元に少し書いてみたいと思います。

いつ釣れるの?時間帯は?

いつ釣れるのか?条件が合えば春から釣れるようですが、私の経験上5月末からトップに反応がありました。6月の下旬には釣果がありました。ただ、安定して釣れるのはいつ?と聞かれたら真夏です。

これは春に産卵するチヌ(黒鯛)とは違い、初秋に産卵するキビレの抱卵した大型の個体が荒食いする時期が真夏だからです。釣れるキビレの八割は40cm前後です。

しかも明るい時間帯ならいつでも釣れます。勿論潮の影響も受けるでしょうし、真夏なので日中長時間釣りをするのが大変なので、朝か夕方のマズメ時に釣りに行く方が多いと思いますが、昼間でも問題なく釣れます。

どんな場所で釣れるの?

ではどんな場所で釣れるのか?これも私の経験からですが、シャロー(浅場)が絶対的に釣れます。河川でもサーフでも構いません。汽水域でシャローであれば比較的簡単にトップで釣れます。

たまたま近所にそういうフィールドがあったので、私はトップでキビレを狙うようになりました。なのでフィールドを求めて彷徨った事はありません。

近所のフィールド三ケ所でしかトップでキビレを釣っていないので、全国的にどうか?と聞かれたら困ってしまいますが、大きくハズレてはいないと思います。

どんなルアーでどうやって釣るの?

トップで釣れる季節になってきました。トップで釣れそうな場所が見つかったら次はルアーの準備です。基本的に浮くルアーなら釣れる可能性はありますが、多くの方がトップウォータープラグを使っているのではないでしょうか?

私はバス用のトップウォータープラグを幾つか持っていたので、今もバス用のペンシルベイトとポッパーを使っています。買った事がないのでよくわかりませんがチヌ・キビレ用のトップウォータープラグも販売されてると思います。

また表層を引いてこれるフローティングミノーでも釣れるようです。私はペンシルベイトが好きでよく使っていますが、ポッパーが好きな方も多いと思います。

釣り方はルアーを投げてドッグウォークと呼ばれるアクションを付けたり、スプラッシュ(水しぶき)させたり、ストップ(アクションさせた後に止める)で食わせます。

ルアーを投げて放ったらかしで釣れる事もありますし、アクション中に食ってきたり色々です。

ロッドやリール、ラインはどうすればいい?

最後にタックルですが、私は5.6フィートと6.5フィートのMLバスロッドを使っていますが、ルアーをアクションさせやすいロッドなら何でも大丈夫です。

トップ専用のロッドがあるのかはわかりませんが、チニングロッドで釣ってる方が多いのかな?メバリングロッドやアジングロッドで釣ってる方もいると思います。

ただ気を付けて欲しいのは釣れるチヌ・キビレのサイズがソコソコ大きいので、それに負けないロッドを使う事です。

私の経験上キビレなら46cm、チヌなら47cmが釣れているので、あまり弱いロッドだと取り込みに苦労します。

敢えて弱タックルで引きを楽しむ上級者の方もいると思いますが、私がオススメするのは軽くてそんなに長くないロッドです。

ルアーにアクションをつける事が多い釣りなので、疲れないのが一番です。足場の状況にもよりますがロッドは6〜7フィートくらいが使いやすいのではないでしょうか?

リールも軽い物が疲れなくていいと思います。長時間釣りされる方は尚更です。ロッドとリールはスピニングでもベイトでも構いません。

軽いルアーを使う事もあるので私はスピニングを使っていますが、今はベイトリールでも軽いルアーが投げれるようなので、使いやすい物を選んで頂ければ良いかと思います。

スピニングリールなら1000番でも4000番でも構いませんが、やはり軽さとやり取りを考えると2000番〜3000番を使うのがいいかな?と思います。

私はこれまで1000番と2000番と2500番のスピニングリールを使ってきましたが、2000番が一番使いやすかったです。

最後にラインです。最近のルアーフィッシングはPEラインが全盛のようですが、私はナイロンラインを使用しています。ルアーの飛距離が必要なフィールドならPEラインを使う方がいいかもしれません。

ルアーによってナイロンラインの使用を前提にしてる物とPEラインの使用を前提にとしてる物があるのですが、私はあまり気にせずナイロンラインを使っています。

それで十分事足りています。決してPEラインじゃないといけない釣りではありません。どちらでも使いやすい方を使って頂ければいいと思います。

以前にもトップチニングの釣り方やタックルについては書いていますが、今回は私がこれまでに使ってきたルアーを釣果の有る無しで紹介したいと思います。

左の5つは全て中古で買った200円以下のルアーですが、全てバイトはありましたが釣果はありません。

中央の4つも中古ですが、全て釣果アリです。

右の4つは全てラッキークラフトのルアーです。全て釣果アリです。使用頻度が違うので一概には言えませんが、サミー65(一番下)が圧倒的に釣果を上げています。

画像にはありませんが、メガバスのPOP-Xやヘドンのザラパピーも釣果がありました。

最後に私のオススメルアーですが、エバーグリーンのジャスティーンです。

使用頻度はまだ低いのですが、トレブルフック3本のルアーはよく掛かります。手返しの悪さはありますが、掛けてナンボの釣りですので…。

アングラーそれぞれ好きなルアーやお気に入りのブランドがあると思います。まずはそういったルアーを使ってみて下さい。

オススメと書きましたが、釣れるルアーは他にも沢山あると思います。もしお気に入りのルアーで釣れなかったら試してみて下さい。釣りなので絶対とは言いませんが、バイトがあるのにフッキングしないなら使ってみる価値はあると思います。

トップチニングはバイトの多い釣りですが、中々ヒットに持ち込めない歯痒い釣りでもあります。

呆気なくファーストバイトでヒットする事もあれば、10回以上バイトがあってもヒットしない事もあります。

日によって全然違うので、通い詰めると良い日に当たる回数も増えるのではないでしょうか?

機会があったら是非チャレンジしてみて下さい。超エキサイティングな釣りですので、私の様にハマってしまうかもしれませんが…。

それではまた!