結果はボウズ。でも結構楽しめました。

釣り開始早々、いきなりお隣さんの竿が曲がる!

2018年5月28日、いつもの様に早朝の5時過ぎよりホームの堤防に行ってきました。南西の風で曇天。少し波立ってて濁りもあり雰囲気良し。気温は既に20度を超えています。この時点でベイトの姿は確認出来ず…。

先行者は1名。その右隣をキープし釣りの準備開始。私がルアーを投げ始めるとすぐにお隣さんの竿が曲がってる。「早いな!」と思って見ていると足元でバレてしまったようです。どうもルアーがすっぽ抜けたとの事。

いきなりテンションの上がる展開です。VJ→メタルバイブ→バイブレーションプラグとローテーションしてみましたが、小一時間経ってもアタリ無し。ベイトも見えず大苦戦。既に何人かの釣り人さんは帰ってしまいました。

ちなみに本日の使用ルアーはこんな感じ。代わり映えしない面々です。笑

今日はアカン日かも?よくお会いする釣り友さん二人も「今日は渋い」との事。大潮初日で少し期待しての釣行でしたが、ベイトがいないとどうにもなりません。

気分転換に大きく場所移動。移動しながらVJでテクトロ。場所移動後は少し陽が差してきたのでスピンテールジグにルアーチェンジ。3つのスピンテールジグをローテーションしましたが反応無し。

元居た場所に戻ってこのまま続けるか?全く別のポイントに大移動するか?休憩しながら考えましたが、とりあえず2時間は粘ってみる事に…。

相変わらずベイトの姿は見えませんが、海鵜の姿はそこかしこに…。何気無くその姿を見ていたのですが、ふと気付きました。「近くで海鵜が潜ってるという事はその下ににベイトがいるんとちゃうの?」

表層にベイトの姿が見えないだけで、ボトムや中層にはベイトがいるのかもしれません。そう思っていると足元でキラッと光りました。ベイトです。表層に上がりきってはいませんが、ベイトの姿が確認出来るとヤル気が出ます。

今季初!念願のスズキさんには会えましたが…

意識的にボトム〜中層をメタルバイブでスローに探ってみると「ガツンッ!」ときました。釣り開始1時間45分で漸く初バイト&初ヒット。長かった。

しっかりと巻き合わせてリーリング開始。ドラグが鳴らないのでゴリ巻きで足元から5〜6mまで一気に寄せてこれましたが、そこから突如反撃を食らいます。

エラ洗いも無く割と簡単に寄せてこれたので、あまり期待してなかったのが一転、「ジーーッ」とドラグが鳴り一気にラインが出されます。

「あらら?」結構良いサイズかもしれません。ジャンプもエラ洗いも無いのでボラスレか?と一瞬思いましたが、引きはシーバスです。これはスズキさんかもしれません。

巻いてはラインを出されを三度繰り返し、漸く足元近くまで寄せてこれました。何とか空気を吸わせようと応戦するものの、あと一歩の所で潜られてしまいます。

それでもシーバスの姿はしっかり確認出来ました。見た感じで70cmはないかな?今シーズン待ちに待ったスズキさん。ファイトも存分に楽しめました。あとは何とかランディングに持ち込みたいところ。

足元で潜られる事三回。その三回目の突っ込みにフックが耐えきれず、足元で痛恨のバラし…。

少しわかりにくいですが、フロントフックが伸ばされてました。ちゃんとドラグ調整してたんですが…。

やってしまいました。待ちに待ったスズキさんでしたが、今回は顔を見ただけで釣り上げる事は出来ませんでした。残念ですが仕方ありません。

その後は時間に余裕があったので、出会った釣り人さんと情報交換してから延長戦に入りましたがノーバイト。その後大移動しましたが、ナルトビエイがあちこちにいたので竿を振らずに終了としました。

最近よく思うのですが、全くアタリが無くても諦めたらアカンなぁと…。勿論ボウズを食らう事もありますが、諦めかけた時に突然「ガツンッ!」とくる事がよくあります。

今回はボウズでしたが、海鵜の動きで海中の魚を想像したり、バラしはしましたが存分にシーバスとのファイトを楽しんだり、始めて会った方と情報交換出来たり…。十分楽しめましたし癒やされました。また海に感謝です。

今月も残り三日。雨予報もあって何回釣りに行けるかわかりませんが、身体が動く限り釣り場に足を運ぶつもりです。何とかスズキさんに会いたいので…。

それではまた!