雨後の濁りのシーバスルアーゲーム!ゴミと格闘後、満面の笑み?

本日も行ってきました!早朝、ホームの堤防でシーバスルアーゲーム。

2018年5月14日、大潮初日。満潮前の4時50分。風も無く釣りやすいと思っての釣行でしたが、前日から降った雨の影響でヒドい濁り。ゴミが多くとても釣り難い状況。

釣り場に到着すると釣り友さんが既に竿を振っています。挨拶を交わし早速釣りの準備開始。定位置を確保しオレンジ系のバイブレーションプラグで様子をみる事に…。

足元にはゴミが流れ着いていますが、沖には殆どゴミは見えません。キャストに影響は無さそうなので、ルアーをピックアップする時だけ気を付ければいいかな?と思っていたら、水中にもゴミが漂っているようです。

プラスチック系のバイブレーションプラグでボトムをとりタダ巻き。時折ストップ&ゴー。すると「モワッ」という違和感と共にリールが重くなります。

クラゲでも引っ掛けたか?と思ったら植物系のゴミ。開始早々3回もゴミをヒット。先が思いやられます。

釣れる雰囲気ゼロでしたが、ドラマは突然に…。

開始30分。ピンクシルバーのメタルバイブにルアーチェンジ。フルキャストしてボトムをとりゆっくりとリトリーブ。ブルブルと振動する最低のスピード。俗に言うデッドスロー。

ここ最近のヒットパターンですが、クリアかやや濁りの入った状況での事。今日の濁りに有効かどうかはわかりません。とにかく早朝はボトムを意識。そんな感じでリールを巻いているとググーっと重くなります。

すかさず合わせを入れると生命感。ゴミでは無いようです。かなり沖でのヒット。引きは十分楽しめそうです。

ドラグを鳴らす程の重量感はありませんが、小気味良いファイト。ボトム付近で掛けたからかジャンプもエラ洗いもありません。恐らくシーバスだと思うのですが、青物やサツキマスなんかも混じる最近のホーム堤防。姿を見るまで魚種がわからないワクワク感があります。

わりとすんなり手前まで寄せてきた所で突然の反撃。まずは私の左方向に走ります。軽くドラグを鳴らしてくれる引き。それを難なくあしらい足元まで寄せます。

すると次は底に潜ります。僅かにドラグを鳴らしながら応戦。計3回のツッコミで漸くエラ洗い。やはりシーバスでした。

エラ洗い2回でおとなしくなったのでタモ入れ。これが今の私の課題。今シーズンから始めた堤防でのセルフタモ入れ。

これまでシーバスを4回、ボラを4回セルフタモ入れしましたが全て成功。ベテランの方が見たらぎこちないタモ入れだとは思いますが、これは慣れるしかありません。

まあタモ練にはうってつけのサイズです。難なくタモ入れに成功し計測。そして写真撮影。サイズは44cmと小ぶりですが、釣り場到着時はボウズを覚悟していたので大満足です。

先程お会いした釣り友さんからお褒めの言葉を頂きました。ありがたい事です。

釣り開始30分でボウズを逃れると、残りの時間は余裕で釣りが出来ます。釣果としては同じ1本でも、開始早々に釣るのと終了間際に釣るのでは気持ちの持ちようが違います。

既にシーバス1本釣れたので、私的には十分満足ですが、残り時間が1時間半もあるので、出来れば1本追加したい所。

続けてピンクシルバーのメタルバイブでボトム付近を丹念に探ります。時折ベイトが引っ掛かってきますが、シーバスや青物のアタリはありません。

足元には先程まで確認出来なかったベイトの姿が…。恐らく小さいカタクチイワシ。ここで迷わずルアーチェンジ。若干ゴミが気になりますが、ベイトが小さいなら小型スピンテールジグの出番です。

こちらもボトムまで落としてからのスローリーリング。ゴミを拾う事も無くリーリング出来ますが、如何せんアタリがありません。

するとまた別の釣り友さんが登場。お声掛け頂きました。早速私の左隣で釣りの準備。話しながらの釣りも楽しいですね。

そうこうしているとまた別の釣り友さんが…。もう帰る所でしたがお声掛け頂きました。しょっちゅう通ってる釣り場なので顔見知りの方も多く、SNS関係で知り合った方もいるので情報交換出来て助かります。

暫しの談笑後、ゴールド系の小型スピンテールジグを諦めオレンジ系のバイブレーションプラグにルアーチェンジ。よく見ると足元のゴミも流されて釣りやすくなってきました。

濁りは相変わらずですが、風も波もなく穏やかな海。ゴミも無くなれば何とか1本追加といきたい所ですが、シーバス1本上げてからノーバイト。ということでここまで1バイトのみ。かなり渋い状況です。

無心でルアーを投げていると、ピックアップ直前に足元でヒット!1本追加なるか?

これといったアタリも無く、釣り以外の事を考えながらルアーを投げては巻くを繰り返していると、足元で突然リールが重くなります。目の前の石畳にでも引っ掛けたかと思ったらドラグが鳴り出します。

「マジか?」思わず声が出てしまいました。ピックアップ寸前で完全に気を抜いていました。そういえば先程シーバスを掛けた時も確か気を抜いていた様な…。

釣るぞ!という思いが強すぎると、殺気の様なものが出てしまい魚に気付かれてしまうのかもしれません。科学的根拠は全くありませんが、私は普段からそう思っているので、考え事をしながら釣りをしてる事が多いです。

少し話が脱線してしまいましたが、足元で掛けたので引きを楽しむ余裕はありません。全力でエラ洗い、その後潜ります。今度もサイズは小ぶりですが元気一杯です。

ロッドワークでエラ洗いとツッコミを躱し空気を吸わせるとおとなしくなりました。本日2回目のタモ入れも成功。おそらくサマにはなってないと思いますが、徐々に上手くなっていけばいいでしょう。そのためにも魚を釣らなければ…笑

時計を見ると6時半。残り20分で1本追加出来ました。計測してみると僅かにサイズアップ。45cmのシーバスでした。

残り時間も僅かとなってきましたが、続けてオレンジ系のバイブレーションプラグを投げているとプチッと高切れ。ルアーだけが飛んでいってしまいました。ショックです。

気を取り直してリーダーとスナップを結束。イワシカラーのバイブレーションプラグとゴールド系のメタルバイブをローテーションしましたがアタリ無し。タイムリミット前でしたが片付けて帰る事にしました。

普段はシーバスを持って帰る事は滅多にありませんが、最近ガッツリと魚を食べてなかったので、今日は釣れたら持って帰ろうとストリンガーを用意していました。

まな板が小さいので、持って帰るにはこのくらいのサイズがちょうどいいかもしれません。

とりあえず三枚におろしてみました。漬けにしようか?ムニエルもいいなぁ。南蛮漬けもアリだな…。妄想は膨らみます。

いつもは釣れても1本ですが、それでも満足して帰る私。今日はめずらしく2本も釣れたので大満足。満面の笑みで帰れます。

今日もやっぱり海に感謝です。そして出会った釣り友さん達にも…。いつもありがとうございます。

大潮ですしバチ抜けも狙いに行きたいのですが、早朝から釣りに行くと夜は眠くてどうにもなりません。次もやっぱり朝かな?

それではまた!