久々のシーバス!粘って何とか1本獲れました!

GW明けのホーム堤防。朝一から頑張るも…

5月8日早朝、いつものホーム堤防。もう十日以上もシーバスを釣っていません。勿論青物も…。小潮で満潮から下げのタイミング。北西の風がやや強く曇天。少し寒いですが雰囲気は悪くありません。

まずは6.5cmピンクシルバーのメタルバイブからスタート。ベイトははっきり見えませんが、ルアーをピックアップする時にマイクロベイトが跳ねます。

まずはボトムをとってスローのタダ巻き。それから徐々にレンジを上げていきます。時折「モワッ」という違和感。クラゲかもしれません。

雨後で風もあり釣り人は少な目。私を含めて4人しか姿が見えません。人が増えるまでは移動し放題です。

30〜40分、ちょこちょこ移動しながらメタルバイブで探りますがこれといった反応はありません。すると釣り友さんが登場。もう帰るとの事。

「今日は調子良かったですよ。4本獲れました。」と釣り友さん。この方は上手で私とはレベルが違います。「奥に行ったらまだ釣れそうですよ。テクトロですけど…」との情報を残し帰られました。

「テクトロ」とは「テクテクトローリング」の事で、簡単に言えば歩きながら護岸沿いにルアーを引く釣りです。キャストはしなくていいのですが、長い距離を歩くので結構疲れます。

それでも釣れるのならやってみよう!という事で場所移動。早速ジグヘッドワームでテクトロを開始しますがアタリはありません。

まあ不慣れなので仕方ありません。歩くスピードやレンジなど色々試しましたが反応無し。テクトロは諦め適当に沖に向かってジグヘッドワームを投げて一投目。ピックアップ時に突然バイト。

ルアーを咥える瞬間が見えましたがフックに掛からず…。久し振りにバイトの瞬間が見れてテンション上がりましたが、それ以降バイトは無く場所移動。

雲の切れ間から太陽が顔を出し明るくなってきたのでルアーチェンジ。足元にマイクロベイトが浮いてきたのでスピンテールジグをチョイス。

二種類のスピンテールジグを投げ倒しましたが反応無し。まだタイムリミットまで時間はありましたが、帰るか?休憩してから場所移動するか?迷います。

とりあえず休憩し、自転車で釣り始めた場所まで移動。私の隣で釣ってた方に「釣れますか?」と聞いてみると「アタリはあるんですけど…」との返答。

殆ど帰るつもりでいましたが、アタリがあるならタイムリミットまで粘ってみる事にしました。

何故かいつも帰り際にドラマが…。釣り始めた場所に戻りチャンスタイム到来!

まずはスピンテールジグで探るも反応無し。そこで最初のピンクシルバーのメタルバイブにルアーチェンジ。ボトムまで落とさず中層から探るといきなりヒット。

すかさず合わせを入れます。乗った!と思ったのも束の間、すぐに手応えが無くなってしまいました。

バラシはしましたがチャンスタイムかもしれません。再度ピンクシルバーのメタルバイブで中層を引いてくると「ゴンッ!」というアタリ。乗らずも再度「ゴンッ!」と連続バイト。

乗りました!乗りましたがあっという間にルアーが外れてしまいました。思わず「クッソー!」と声が出てしまいます。

「今日はここまでか?」と思いながらも再度メタルバイブで中層を探ります。タダ巻きからストップを入れた瞬間に「ゴンッ!」ときました。

すかさず合わせを入れると今度はしっかり乗りました。「この魚をバラしたら今日はボウズ確定やな…」と心の中で思いながらも引きを楽しみます。

まだ姿は見えませんがボラスレではありません。恐らくシーバス。そんなに大きくはありませんが時折「ググッ!」と潜るような動き。たまりません。

足元まで寄せてきてもまだ姿を見せません。慎重にやり取りし漸くエラ洗いで最後の抵抗。やはりシーバスでした。

十分空気を吸わせランディングの準備。抜き上げても大丈夫なサイズですが、フロントフックが下クチビルにギリギリ掛かってるだけなのでネットを使います。

不慣れな堤防からのランディングですが難なく成功。計測すると44cm。小ぶりですが綺麗な魚体のシーバスでした。

写真撮影を終えリリース。釣り再開の準備をしようとしていたら別の釣り友さんが登場。短時間でなんと4本も釣られたそう…。

この方も上手な方で私とはレベルが違います。暫し談笑し釣り再開。しばらくメタルバイブを投げましたがアタリ無し。チャンスタイムは終わったと判断し撤収しました。

本日出会った釣り友さんお二人は4本ずつ。私は1本のみ。腕に差はあれど釣りは下手っぴでも楽しいもんですね。

今回はアタリもヒットも何度かあり、1本ですがキャッチまで出来たので楽しい釣りになりました。海に、そして出会った全ての釣り人さんに感謝です。ありがとうございましたm(_ _)m

それではまた!