11月は釣り三昧!パート1

2017年11月上旬の釣果をまとめてみました!

まずは11月1日、早朝よりホームの堤防。まだ暗い時間に時合到来。サイズはF3(指3本)クラスばかり。全てジグヘッドワームのタダ巻き。トータル4本ゲット。

翌11月2日は早朝から太刀魚。ノーバイトで終了。続く青物もノーバイト。ダメな時はサクッと帰宅。

夕方に「サヨリパターン」を期待してシーバス狙い。場所は家から一番近いサーフ&石畳。

サヨリらしきボイルは無く穏やかな海面。ボイルを期待しつつまずはトップからスタート。

反応が無いのでメタルバイブにルアーチェンジ。広範囲を探るも反応無し。次にジグヘッドワームで底付近を探ると2バイト。どちらもヒットには至らず…。

流れも無くボイルも起こらないので休憩。しばらく待ちましたが、サーフにはボイルも流れも出ないので対岸の石畳に場所移動。

サヨリのボイルなのかはわかりませんが海面がワサワサしています。右手からの流れもあり雰囲気は良さげ。表層に長めのフローティングミノーを投げてみると時々「コンッ」とアタります。

表層にベイトが溜まってる感じなので表層ばかり探りましたが、シーバスのアタリはありません。メタルバイブで少しレンジを下げてみるといきなりバイト。

漸くヒットしましたがすぐにバレます。コレをヒントにメタルバイブをスローに引いてくるとまたバイト。でも掛かりません。

今度はメタルバイブの早引き。するとすぐに「ガツンッ!」という明確なアタリ。ヒットします。

ロッドを立てフッキング。漸くしっかり掛かりました。さあここからです。障害物に巻かれないようゴリ巻で寄せてきます。

結構簡単に足元まで寄せてきましたが、そこから反撃を食らいます。ドラグが鳴りラインがかなり出されます。結構いいサイズのようです。

再度足元まで寄せたのでネットの準備。するとまたドラグが…。ラインがかなり出されてしまいました。

これまでに釣ったシーバスとは明らかにパワーが違います。こちらも負けずに再度ゴリ巻き。足元まで寄せたのでランディング。

上がってきたのは自己記録更新の69cmのシーバス。久し振りのスズキサイズに大満足。このあとちょっとしたトラブルで釣りは終了となりました。

続く11月3日。土日や祝日はあまり釣りに行きませんが、どうしても生の太刀魚を調達したくて早朝からホームの堤防へ。

予想通りの大混雑。平日ならトラブルになるような事はありませんが、隣との距離が平日の半分以下。とりあえず1本は釣りたい。トラブルを避けるため明るくなってから釣り始める事にしました。

タダ巻きで始めるも掛けバラし連発。何とか1本獲りましたが写真撮影を忘れてしまいました。代わりに釣った太刀魚で作った炙りポン酢の画像をどうぞ(生の太刀魚で作りたかった料理がコレです)

2日空けて11月6日。シーバスを狙いに近所の石畳へ。苦手な夜の釣りですが、まだサヨリパターン未経験なので最後のチャレンジ。

かなり期待しましたが、この日も結局サヨリパターンとはならず、メタルバイブで50cm有る無し1本ゲットするも写真が上手く撮れてませんでした。失念。

翌11月7日、早朝よりホームの堤防へ。明るくなった頃からアタリが続くもヒットせず。周りのベテランさん達は順調。

顔見知りの常連さん達が殆ど帰った頃に何とか1本ゲット。頭と尻尾を落としてから写真撮ってなかった事に気付きました。失念。

11月8日は雨で釣りはお休み。続く11月9日は激渋でした。太刀魚狙いで久々のアタリ無し。こんな事もあるんですねー。

早々に太刀魚を諦め青物狙いに変更。時折起きる激しいボイルを撃つためにキャストを控えて様子を伺います。

するとラッキーな事に突然目の前でボイル発生。「バシャバシャー!」とスゴい音。そこにスピンテールジグを投げ込むと一発で食いました。

まあまあサイズの青物ヒットは初めてです。ドラグが鳴りまくります。走るというか潜るというかスタミナのあるファイト。

かなり時間が掛かりましたが何とかランディング。上がってきたの47cmのハマチ。

いや〜、とてもいい経験になりました。家の近所でこんなサイズの青物が釣れるなんて…。

太刀魚がボウズだった事はすっかり忘れ、ハマチを担いで気分良く帰りました。

そして11月10日、早朝からホームの堤防。明るくなってからの約10分間にバイト集中。

ベテランさんは6ヒット6キャッチのバラシ無し。私はジグヘッドワームのただ巻きで5ヒット1キャッチの4バラシ。これが経験の差なのでしょうか?

という感じで11月の上旬は太刀魚で苦戦しながらも、良いサイズのシーバスやハマチが釣れたのでとても楽しめました。

続く11月中旬も私なりに精一杯頑張りました。その様子は次回で紹介したいと思います。

それではまた!