シーバス初心者必見⁉狙って獲った1本に感動!

食べて美味しいのはサバ、釣って楽しいのはシーバス⁉

いきなり私見を書いてしまいましたが、考え方は人それぞれです。私が通う釣り場では小さいサバしか釣れません。でもシーバスは時々いいサイズが釣れるので…。

さて、前日2バラしに終わった真サバパターン?でのルアーシーバス。勿論リベンジしにきました。ホームの堤防で前日と同じポイントを確保。

私の腕前ではボイルでも起きない限り中々むずかしい堤防でのルアーシーバス。朝からメタルバイブを投げてみましたが、ベイトっ気もなく撃沈。

この日は午前中のあるタイミングを狙っての釣行で、前日真サバが入れ喰いになったタイミングがあり、その再現があるかも?という仮説を元に釣りに来ていました。

勝手な思い込みではありますが、自分ではかなり自信がありました(科学的根拠は全くありませんが…)

朝のチャンスタイムを逃し、それまでの間何をして時間を潰すか?釣れない釣りを延々続けると肝心な時に疲れてしまいます。屋外の堤防では昼寝が一番という事でレジャーシートを広げる事に…。

ホームの堤防と書いたくらいですから顔見知りの方は結構います。まずはいつもサヨリ釣りに来ている常連さん達にご挨拶。

私はサヨリ釣りをやった事はありませんが、ここの常連さん達はとても親切です。仕掛けや餌、釣り方なんかを丁寧に教えてくれました。

折角なんで近々サヨリ釣りをやってみる予定です。

8時頃、私の陣取ったポイントにカタクチイワシの群が回ってきました。通常ならこのタイミングで釣り始めるかボイルを待って釣り始めるでしょう。

でもこの日は真サバが回ってくるタイミングを狙いに来ていたので、この時点ではまだ竿は振らずに昼寝や堤防の掃除なんかで時間を潰します。

イワシを追いかけサバが回ってきました。いよいよです!

そして10時前、漸く真サバの群が回ってきたようで海面がざわつき始めます。ここまでは私の予想通りです。

先程サヨリ釣りを教えてくれた常連さんからサバのリクエストがあったので、シーバスのボイルはまだでしたが釣りを再開する事に…。

前日と同じスピンテールジグで表層から探りますがアタリはありません。しばらくすると雲の切れ間から太陽が顔を出します。

そのタイミングでアタリが連発。1キャストに複数バイト。かなりバラしもありましたが、15分で6匹の真サバをゲット。常連さん達に全てプレゼントしました。

あとはシーバスのボイルを待つだけです。ここまでは私の思い描いた通りの展開です。まだシーバスらしきボイルが無いのでまた休憩をとる事に…。

漸くシーバスのボイル発生。ドラマは突然訪れました!

11時前、単発ですがシーバスのボイル発見。ここからの30分に賭けます。休憩後の1投目、スピンテールジグで表層を狙うと「グググッ!」という明確なアタリ。

ついに来ました。それ程大きくはありませんがサバの引きとはまるで違います。引きを楽しむ余裕はありません。待ちに待った1本なので慎重にやり取りします。

エラ洗い連発、元気のいいシーバスが姿を見せます。ロッドワークでエラ洗いを躱し上がってきたのは43cmのシーバス。

漸く念願のシーバスに出会えました。上級者にとっては単なるチーバスかもしれませんが、初心者の私にとっては感動の1本です。

もう十分満足してたのですが、タイムリミットまであと1本を狙う事に…。

思った以上に場を荒らしてしまったのか、その後シーバスのアタリは無く、真サバ1匹を追加して終了しました。

毎回こんな釣りは出来ませんが、自分で組み立てた作戦通りに狙って獲った1本は、私にとってサイズに関係無く感動の1本となりました。

私には少しハードルの高いルアーシーバス。全く釣れない訳ではありませんが、安定して釣る事が出来るターゲットではありません。

その分釣れた時の嬉しさはハンパなく、ちょっとした感動を味わえます。

年間を通して狙う事はありませんが、春と秋限定でシーバスをメインターゲットに出来れば、私のフィッシングライフは更に充実するに違いありません。

気候の良い時期には日課のように釣りに行く私。ルアーシーバスは得意な釣りではありませんが、これからも初心者目線でルアーシーバスについても書いていけたらと思っています。

それではまた!