これからと思っていた9月。突然の終了に唖然⁉トップチニング2ndシーズンは呆気なく…

データ通りにいかない⁉期待した9月にまさかの事態発生!トップチニング終了は呆気なく…。

8月24日、前日と同じホームのサーフ。飽きもせず早朝からトップチニングです。普はペンシルベイトから始める事が多いのですが、この日はバス用ポッパーから始めてみました。

これまでに何度も使ってきたルアーですが、まだヒットした事がありません。バイトは何度もあったのでヒットに結び付けたいルアーです。

いつものようにサーフの西端から東に移動しながらドッグウォーク。釣り開始15分、時折スプラッシュを入れながら探っていると「ジャバーン!」と食い上げるようなバイト。

でもルアーはまだ海面に浮かんだまま。メチャクチャ良い出方なのに乗らない。ルアーを回収せずそのままステイ。すると連続バイト。今度は引ったくるようにルアーを持って行きます。

スーッとラインが走り出します。この瞬間がたまらない。お決まりの突っ込みに耐えながらゆっくりやり取りを楽しみます。上がってきたのは39cmのキビレ。

この日も幸先の良いスタートでしたが後が続きません。バイトはかなりありましたがヒットはこの1匹だけ。7日連続の釣行だったのでかなり疲れ気味。いつもより早めに終了しました。

翌日の25日も早朝からホームのサーフへ。チェイスや小さいバイトはかなりありましたがヒットには至らず。終了間際にシーバスらしきドデカいバイトがありましたがヒットせず。久々のノーフィッシュで終了となりました。

これで最後⁉トップチニング2ndシーズンは呆気なく…。

8日連続釣行、そして5日連続釣果がストップ。二日間釣りをお休みし、8月28日も早朝からホームのサーフへ。北からの風が強く釣り辛いので、いつも釣りをしているサーフの対岸で釣り始めました。

数は少ないですが、時折「ジュボッ!」という補食音の伴うバイトがあります。いつ釣れてもおかしくない雰囲気ですが中々ヒットには結び付きません。

これまで中古の安価なルアーばかり使ってきましたが、この日は手に入れたばかりのちょっとお高めのペンシルベイトを持って来ていました。

あまりに良い出方をしてるのにヒットしないので、試しにそのちょっとお高めのルアーを使ってみる事に…。

ルアーの持つポテンシャルなのか、ルアーチェンジ後一投目でバイト。ラインに重みを感じましたがすぐにバレてしまいました。

「これはいけるかも?」と思い、今バレた所の沖側にキャスト。スローなドッグウォークで誘ってみるとルアーを引ったくるようなバイト。ラインが走るのを待ちます。

スーッとラインが走り出したのでロッドを立てスイープに合わせを入れます。乗りました。トレブルフックが3つ付いてるペンシルベイトだからか、魚体にフックが触れ易いようです。

強烈な突っ込みに少しドラグを緩めます。遠くで掛けたのもありますが、とても良く引く魚で中々寄ってきません。

慌てる必要もないのでゆっくりとやり取りします。手前まで寄せてきてもまだ抵抗する元気な魚。少し時間を掛けて釣り上げたのは43cmのキビレ。

画像では分からないかもしれませんが、厚みがあってメッチャ重たい魚でした。エラの後辺りの鱗が少し歪んでるようですが、とても良い引きの1匹でした。

これで一気にテンションが上がりました。あまり時間が無いので早速次の1匹を狙いたい所ですが、トレブルフックが3つ共フッキングしてて中々外せません。

掛かりやすい分外しにくいのか…。そりゃそうなんですが結構苦戦しました。何とか全てのフックを外し釣り再開。

結構長い時間やり取りをしたので場所が荒れてしまったかもしれません。元来た方向に大きく場所移動する事に…。

先程と同じペンシルベイトをフルキャスト。私の持ってるトップウォータープラグの中で重さも長さもシルエットも最大級なのでよく飛びます。今迄漠然と小さめのルアーをチョイスしてきましたが、トップチニングは大きいルアーの方がいいのでしょうか?

場所移動後しばらくすると沖の方で捕食音を伴うバイト。すぐにラインが走ります。合わせを入れずしばらく放置。ロッドに重みがきてから合わせると「ググッ!」ときました。

こうなってくるとルアーのポテンシャルを疑う余地はありません。これからは多少値段は張っても良いルアーを使う方が良いのかもしれません…。

最初の突っ込みは中々強烈でしたが、その後はさほどでもありません。サイズはまあまあのようですが引き自体があまり強くなく、あっという間に寄ってきました。

ランディングして計測してみると、先程のと全く同じ43cmのキビレ。でも厚さがまるで違います。

写真撮影後、またしてもフックを外すのに手間取りました。そうこうしてる間にタイムリミットがきてしまい終了する事に…。

結果的にトップでチヌ・キビレが釣れたのはこの日が最後となってしまいました。どうもこの後、ホームのサーフ全体がコーヒーの様な濃い茶色の水になってしまいました。

原因はわかりませんが、ルアーでも餌釣りでも魚が釣れなくなってしまったようです。

前年は8月後半と9月前半がほぼ同じ釣果だったので良いペースだと思っていましたが、9月はトップでまさかのノーフィッシュとなってしまいました。

自然相手の遊びなので仕方ありませんが、釣りは行ける時に行っとかないとダメだなと改めて思いました。

9月は前年とは全く違う釣りを展開する事になります。次回は苦戦した9月を振り返ってみたいと思います。

それではまた!