お盆前に何とか1匹!苦戦のトップチニングは続く…。

お盆前に何とか1匹!真夏のトップチニングは苦戦続き。

毎日通う予定だった8月、台風通過で釣りに行けない日が続きました。これは私にとっては大誤算でした。

8月9日、台風通過の2日後。ゴミだらけ覚悟で通い慣れたサーフに行ってみましたが、やはりトップでは釣りになりませんでした。

8月10日、時々バイトはありましたが乗せ切れず。トップでシーバスを掛けるも痛恨のラインブレイクでバラし。

そして8月12日、お盆前最後の釣行。通い慣れたいつものサーフではなく、家から一番近い浜に行ってみる事に…。

こちらの浜は風向きによって全くトップの釣りが成立しない日があります。だからトップチニングに関しては私のメインフィールドとはなっていません。

夏の朝、北風が吹く日がどれだけあるのか分かりません。この日、天気予報では午前中だけ北風だったので行ってみる事にしました。

いつも通ってるサーフが不調なので気分転換のつもりの釣行でしたが、意外にもバイトが多く楽しめました。

開始早々バス用ポッパーに「ジュボッ!」という豪快なバイト。何だか釣れそうな予感。

でも後が続きません。これまでずっと中古のルアーを使い続けてきましたが、どうもヒットに結び付かない事に業を煮やしていた私。

久し振りに新品のルアーを使うことにしました。トップチニングでは初めて使う小型のスイッシャー。期待は高まります。

タイミング良く風が無くなりトップに出そうな雰囲気になってきました。ワンドのようになった浅場のポイントにスイッシャーを投げドッグウォーク。すると連続バイト。何とかヒットに持ち込めました。

ルアーチェンジ直後でのバイトがヒット。やはりルアーのポテンシャルか?と思いましたが最初の突っ込みでバレてしまいました。

ただ、ルアーへのアタックがそれまでとは明らかに違います。どうも複数の魚がルアーを奪い合ってる感じのバイトです。

気を取り直して少し沖にルアーを投げ様子を見ます。スローなドッグウォークで手前まで引いてくると「ジュボッ!」「ジュボッ!」一呼吸おいてまたまた「ジュボッ!」と三連続バイト。

漸くヒットしました。時合というかチャンスタイムというか…。どうやらスイッチが入った様です。

かなり浅い所で掛けたのでゆっくり引きを楽しむ事は出来ませんでしたが、この浜では初のキビレ。テンションが上がります。

慎重にやり取りして上がってきたのは40cmのキビレ。

写真撮影しているとギャラリーが集まってきます。トップでキビレを釣ると40cm前後が殆どですが、毎日散歩してる砂浜でそんな大きな魚が釣れるとは思ってなかったようでとても驚かれていました。

しばらく談笑し次の1匹を狙います。でも先程の海面とはまるで様子が違います。急に風が強くなり波立ってきました。

そこから風は強くなる一方で、トップでの釣りは難しい状況になってしまいました。

風が止むかとしばらく待ちましたが、風は強くなる一方で仕方なく納竿。僅か40分の釣行となってしまいました。

自然相手の遊びなので雨風の影響はどうにもなりません。それにしてもあまりの風の急変に為す術もなく撤収。また北風になればこちらの浜にも通ってみようと思いました。

この後のお盆休み、釣りには行かず家でゆっくりしました。その代わりと言ってはなんですが、トップウォータープラグは買いに行きました。

翌週も今回訪れた浜でトップチニングです。まだ苦戦は続くのでしょうか?

それではまた!