パターンを掴めるか⁉トップチニング2日目で試した事は?

趣味としての釣りを長く楽しむために私がした事は…。

さて今回はトップチニング2日目の釣行記です。この楽しい釣りを自分のモノにする為に色々試してみました。釣りを長く楽しむ為にしておくべき事も合わせて書いていきたいと思います。

前日2時間弱の釣行で2匹のキビレをトップで釣ることが出来ましたが、実はその少し前からトップチニングについて色々と勉強していました。バスフィッシングを始めた時もかなり勉強してから始めたのですが、やはり最初が肝心という事ではないかと思います。

別に勉強や練習をしなくても釣りの上手な方はいるかもしれませんが、私の様に釣りは好きだけど腕に自信の無い方や初心者の方はしっかり勉強したりちゃんと練習しないと中々上手くはなりません。

ルアーフィッシングというのはある程度釣果が出ないと長く続けるのが難しい釣りではないかと思います。ビギナーズラックで釣れたからといって、勉強や練習をしなければすぐに釣れなくなる事が多いです。逆に言うと、始めた時にしっかりと勉強したり練習しておくとある程度は釣果を出せる釣りです。

闇雲に釣りに行ってボウズを連発して釣りをやめてしまった人が私の周りには結構いました。たまの休日にのんびり釣り糸を垂らしてるだけで満足という方もいるでしょうし、ルアーを投げてるだけで満足という方もいるかもしれません。

私もある程度のサイズの魚とファイトを楽しめたらソコソコ満足出来ます。バスを狙ってた時は持って帰って食べる事もなかったですし、写真を撮る事も殆どありませんでした。ただ、釣れないよりは釣れた方が楽しいし、次回のモチベーションにもなります。

という事で「釣れなくてもええねん!」ではなく「釣りたいねん!」という方は最初にしっかり勉強や練習する事をオススメします。私の場合、海のルアーフィッシングを始める前にも結構必死で勉強しました。

このあとはキビレの習性にについても少し触れながら、2日目のトップチニングで私が試した事を書いていきたいと思います。

トップチニング2日目、まずは前日のおさらいから。朝の5時過ぎから当然のようにペンシルベイトのドッグウォークで始めます。前日と同じようなスローアクションで様子を見ます。まあこれは誰でもするでしょう。出来ればこのアクションで1匹釣れれば言う事無しです。

今回は前日と同じ浜ですが、対岸に来てみました。対岸でも同じパターンで釣る事が出来れば風の向きに対してフィールドの選択肢が増えます。トップの釣りは基本的に風の強い時には成立しにくい釣りです。トップウォータープラグは水に浮くルアーなので軽いものが多く向かい風の場合あまり飛びません。

風が強く波立っているとルアーにアクションがつけにくいし、魚もルアーを認識し辛いようです。ただ、風裏となる場所は意外と波立たない事が多いので、立ち位置によっては風の影響を受けない場合もあります。

前日と同じルアーで同じ様にアクションをつけて探っていきます。風は無く海面は鏡のようです。若干濁り気味なのは夏場によくある事で、トップの釣りにはもってこいの状況です。

開始早々チェイスが頻発する状況が続いていたのですが、中々バイトには至りません。魚の気配があるだけに早めにバイトに持ち込みたいところ。

ここで少しアクションを変えてみる事にしました。1本調子の「スローアクションからのステイ」をやめて「デッドスローオンリー」でアクションさせ続けます。すると『ジュボッ!』と出ました。

合わせを入れたいところですが、一呼吸我慢するとラインが走り出します。そこでスィープに合わせると乗りました。ファーストバイトをヒットに持ち込めたのはラッキーでした。前日同様最初の突っ込みは強烈で、5.6フィートMLのバスロッド全体が撓ります。

キビレの場合、最初の突っ込みさえ凌げればあとはそんなに難しいやり取りは必要ありません。バスやシーバスのように豪快なエラ洗いもありませんし、ラインにテンションかけながらゆっくりやり取りすればバレにくいです。

上がってきたのは43cmのキビレ。お腹がパンパンです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、キビレの産卵は初秋と言われています。8月〜9月にかけて産卵前の荒食いをするので真夏のトップの釣りが成立するようです。

だから釣れるのも抱卵した大型の雌ばかり。魚は産まれて何年か経つと性転換するものが多いそうで、キビレは初め雌雄同体である大きさ(20センチ前後?)になると雄になり、更に27センチを超えると雌になるそうです。

実際この時期に釣ったキビレを持って帰って捌いてみた事がありますが、やはり抱卵していました。こんな理由で大型が多く釣れるようです。

今回は写真撮影と計測だけしてすぐにリリースしました。魚が元気な状態でリリース出来る時はさほど気にしなくても良いかと思いますが、ルアーを外すのに手間取ったり写真撮影に時間が掛かった時は必ず口からエラに海水を通して蘇生させ元気になってからリリースするようにしています。

これで対岸でもキビレのトップの釣りが成立する事が確認出来ました。それにデッドスローのパターンも使える事がわかりました。少しずつパターンが増えていきます。

前日とは違うポイントで、しかも違うアクションで1匹釣る事が出来たのは今後に繋がる収穫で、次に試したかったポッパーを使ってみる事にしました。

ポッパーの使い方はペンシルベイトと同様ドッグウォークでも良く釣れますが、時折強めのトゥイッチを入れてスプラッシュさせるとアピール度が増します。その時の魚の活性に合わせて使い分ければいいと思います。

1匹目がデッドスローで食ってきたので次もデッドスローのドッグウォークから始めて、時折トゥイッチを入れてスプラッシュさせます。ルアーの近くまで追ってくるのですがバイトしません。何とももどかしい…。

休憩をとりながポッパーを投げ続けましたがバイトしてこないので、ルアーをペンシルベイトに戻してみました。そして1匹目を釣った時と同じ様にデッドスローで引いてくると『ジュボッ!』と捕食音。ですがフックに掛かりません。

これで恐らく今日のパターンはペンシルベイトのデッドスローで間違いないようです。あとは上手にルアーに食いついてくれる事を祈るだけです。

ドッグウォークしてステイさせると見切られるようなので、ステイさせずデッドスローにドッグウォークさせ続けるとまたまた『ジュボッ!』と海面が割れましたが乗りません。バイトの後もルアーをそのままにしておいたら『ジュッ!』と連続バイト。でも乗りません。

「捕食下手過ぎー!」思わず声が出てしまいました。そのあと数投キャストしましたがバイトには至りませんでした。

こういう時はちょっと場所を休ませた方が良さそうです。ポイントを変えるために思い切って100m程東に移動してみました。そしてシャローを探るために岸から沖に向けてではなく、少し角度をつけて出来るだけ浅い所を選んでキャストを繰り返していると『ジュッ!』とバイトしてきました。でもフックには掛かりません。そこでステイさせてから「チョン!」と小さくシャクってみました。

『ジュボッ!』と出ましたがまだ乗りません。一呼吸おいて再度シャクりを入れると『ジュッ!』と3連続でバイトしてきました。するとルアーの姿が見えなくなりラインが走り出したのでスィープに合わせを入れます。やっと乗りました。

私のロッドはグリップエンドが短いので右腕だけでその突っ込みに耐えなければいけません。多分短いロッドに細いラインを使っているからスリリングなやり取りになっているのかもしれません

上がってきたの37cmのキビレ。やりました。2匹目を釣り上げるまでにかなりの時間を費やしました。2日連続の釣行でずっとドッグウォークさせてるので、右腕が少々筋肉痛気味です。少し暑くなってきたのもあり「今日はこれくらいでいいかな?」と思い始めてきました。

私は小学生の頃から釣りをしてるのですが、あまり爆釣の経験がありません。ある程度釣れたら飽きてしまうんです。ボウズは嫌なのですが、かと言って沢山釣りたい訳でもない。少々面倒臭い性格のようです(笑)

チニングを始めて約2週間、短時間とはいえ1回の釣行では最高2匹しか釣っていません。気持ち的には満足してるのですが、自分の殻を破るべく3匹目を狙ってみることにしました。

タイムリミットまであと40分弱。2匹目を釣った所から1匹目を釣った方向へ戻りながら探っていきます。チェイスは何度かありましたがバイトはしてきません。

この日はチェイスが多い分もどかしい釣りが続きます。タイムリミットの2時間が経つ頃『ジュボッ!』『ジュボッ!』と連続バイト。なんとか乗りました。

2匹目よりかなり突っ込みます。サイズアップ?と思わせてくれる引きの強さです。あがってきたのは42センチのキビレ。

バイトしてからランディングまでおそらく1〜2分くらいだと思うのですが、この1〜2分のために前日から準備をし早起きして浜に来てる訳で至福の時間です。

今日も全て元気にリリース出来ました。結局ポッパーで釣る事は出来ませんでしたが、デッドスローオンリーでも釣果が出せたし、連続バイトの時は慌てずステイ若しくはシャクればバイトに繋がる事がわかりました。

勿論毎回上手くいく訳ではないでしょうが、1つずつパターンを掴んでいければ趣味として安定した釣果を出せるんじゃないかと思わせてくれる釣行になりました。

トップの釣りは私が若い頃やってたバスフィッシングで覚えたドッグウォークを多様する釣りです。慣れるまでは中々上手くアクションさせられませんが、1度習得すれば色んな釣りに応用出来ますので是非覚えて欲しい釣り方です。

以上がトップチニング2日目に私が試した事です。この後も初秋までトップチニングをやり切りました。その模様は次回以降紹介していきたいと思います。

それではまた!